中学国語攻略のコツ!読解力・記述力を高める5つのポイント

 

中学国語は、読解力と記述力が必要となる科目で、暗記分野が少ないため、「勉強しにくい」とよく言われてしまう科目です。文章の内容を理解する力【読解力】、自分の考えを文章で表現する力【記述力】、これらの力は中学生の学習としてだけでなく、将来、社会に出てからも必要となる重要な力です。大事なポイントを抑えて、しっかりと力を高めていきましょう。

今回は、中学生が国語で重要となる【読解力】【記述力】を高めるために、抑えておくべき大事なポイント5つを紹介します。

 

1.基礎知識を固める


 

【読解力】や【記述力】はいきなり高められるものではありません。まずは、国語の基礎知識をしっかり固めましょう。ここでは大事な基礎知識として3つ紹介します。

 

 

漢字

漢字は、文章を読むために必要な基礎知識です。漢字の読み書きだけでなく、漢字の意味も理解しておきましょう。漢字学習には、漢字ドリルや漢字アプリなどを活用すると効果的です。

語彙

語彙力とは、言葉を知っている数のことです。語彙力が多いほど、文章を理解しやすくなります。語彙力を増やすためには、読書や辞書を引く習慣をつけることが効果的です。

文法

文法は、文章の構造を理解するために必要な基礎知識です。文法を理解することで、文章の意味を正確に理解しやすくなります。文法学習には、文法解説書や文法問題集などを活用すると効果的です。

 

2.読書習慣を身につける


 

読解力や記述力を高めるうえで、【読書】は非常に効果的な方法です。また、基礎知識を固めるうえでも、大きな武器になります。ぜひ、習慣として身につけるようにしましょう。

読書習慣を身につけるためのポイントを3つ紹介します。

 

自分の興味に合った本を読む

興味のある内容の本を読むことは、読書を習慣化するために重要です。好きなジャンルや話題の本を選んで、楽しみながら読書をしましょう。

毎日少しずつ

毎日少しずつでも読書を続けることが、読解力と記述力向上につながります。1日10分でも良いので、読書時間を確保しましょう。

話題にする・感想を書く

読んだ内容を誰かに話したり、感想を書いたりすることで、内容を理解しやすくなります。アウトプットすることで、より習慣化されやすくなります。

 

3.文章の構成を理解する


 

一つの文章には、【構成】があります。この構成を知ることで、文章が読みやすくなったり、書きやすくなったりします。文章のルールを理解していきましょう。

 

 

文章の種類

文章には、説明文、議論文、物語文など、さまざまな種類があります。文章の種類によって、構成や特徴が異なります

文章の構成

文章は、起承転結などの構成で成り立っています。文章の構成を理解することで、文章全体の流れを把握しやすくなります。

段落の役割

段落は、文章を意味のまとまりごとに分けたものです。段落の役割を理解することで、文章の内容を理解しやすくなります。

 

4.設問を分析する


 

中学国語では、テスト等で問題を解くことが必要になります。問題文が読解できても、設問が読み取れなければ正しい答えにたどり着きません。問題を解く前に、設問をしっかりと分析しましょう。設問には、文章のどの部分に関する内容が問われているのかが書かれています。

 

設問の種類

設問には、内容理解、記述、意見など、さまざまな種類があります。設問の種類によって、解答方法が異なります

指示語に注意

設問には、「具体例を挙げよ」、「説明せよ」など、指示語が書かれています。指示語に注意して、解答内容をまとめましょう。

該当部分を探す

設問の「答え」または「ヒント」は、必ず本文中に書かれています。本文をよく読んで、設問の答えを見つけましょう。

 

5.アウトプット


 

読んだ内容について、実際に自分の言葉で表現してみることは理解を深める意味でも非常に効果的です。読書を習慣化し、たくさんのインプットを実施したら、実際にアウトプットしてみましょう。

 

 

要約を書く

文章の内容や段落ごとの内容を自分の言葉で要約することで、文章全体を理解しやすくなります。読解力を高める意味でも重要な点です。

感想を書く

文章を読んで思ったことや感じたことを書き出すことで、文章に対する理解を深めることができます。また、インプットした漢字や語彙を使えるものにできているかを確認する意味でも一つの文章を書いてみるのは非常に効果的です。

自分の意見をまとめる

文章の内容について、自分の意見をまとめることで、思考力や表現力を鍛えることができます。文章から想像を膨らませること、それを言葉にする練習は反復することで身についていきます。

 

まとめ


今回は、中学生が国語で重要となる【読解力】【記述力】を高めるために、抑えておくべき大事なポイント5つを紹介しました。

 

1.基礎知識を固める

2.読書習慣を身につける

3.文章の構成を理解する

4.設問を分析する

5.アウトプット

読解力と記述力は、日々の積み重ねによって向上します。今回ご紹介したヒントを参考に、自分に合った学習方法を見つけて、中学国語を攻略しましょう。

 

 

 


イマナビでは随時、個別の学習相談会を実施しています。

「勉強の仕方について相談したい」という方、ぜひ個別相談会へご参加ください。

→ 無料の個別相談会の予約はコチラ

※一人ずつ個別で対応させていただいていますので、【事前予約制】となっています。

お気軽にどうぞ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーー

こちら各種SNSでも

情報配信中です。

参考にしてみてください。

< Facebook >

<    Twitter   >

< Instagram >

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

/

この記事は 120人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL