小学生の算数苦手を克服!つまづきやすい単元とその克服法を知ろう

 

算数は、小学生にとって重要な学びの基盤となる教科ですが、多くの子どもたちが特定の単元でつまづくことがあります。算数の苦手意識は早期に対処することが大切です。

算数のつまづきやすい単元と克服法

 

今回は、つまづきやすい単元とその克服方法について詳しく解説します。

 

 

 

 

1.つまづきやすい単元

 

 

 

1.1 九九と掛け算・割り算

九九の暗記が不十分だと、掛け算や割り算の計算がスムーズに進みません。九九の表を覚えることができないと、計算のスピードが遅くなり、算数全体の理解にも影響します。

1.2 分数

分数の概念は、数の分け方や比率を理解するために重要です。しかし、分母と分子の意味や、異なる分母を持つ分数の加減が理解しにくいことがあります。

1.3 小数

小数の理解には、位取りの概念や、分数との相互関係を理解することが必要です。小数点の位置を間違えやすく、計算でミスをしやすい単元です。

1.4 図形

図形の学習では、平面図形や立体図形の認識、面積や体積の計算が含まれます。図形の性質を理解することが難しく、特に立体図形のイメージがつかみにくいことがあります。

1.5 単位の変換

長さや重さ、容量の単位の変換は、基本的な計算スキルと単位の理解が必要です。特に、ミリメートル、センチメートル、メートル、キログラムなどの単位を使った計算で混乱しやすいです。

 

 

2.つまづきやすい単元の克服法

 

 

 

2.1 九九と掛け算・割り算

  • 反復練習 :九九の表を使った繰り返し練習が有効です。ゲーム形式で覚えると楽しく学べます。
  • 視覚的学習 :掛け算の具体例を図や絵で示すことで、視覚的に理解を深めます。
  • 実生活の応用 :買い物や料理など、実生活での計算を通じて掛け算や割り算を使う機会を増やします。

2.2 分数

  • 具体物の使用 :ピザやケーキを分ける例を使って、分数の概念を視覚的に示します。
  • 基礎の反復練習 :分数の基本的な計算問題を繰り返し解くことで、基礎力を養います。
  • 分数の大小比較 :分数の大きさを比較する練習を通じて、分母と分子の関係を理解します。

2.3 小数

  • 位取りの練習 :位取り表を使って、小数の位を視覚的に学習します。
  • 分数との相互変換 :小数と分数の変換練習を行い、両方の理解を深めます。
  • 計算ミスのチェック :計算の過程で小数点の位置を確認する習慣をつけます。

2.4 図形

  • 実物の使用 :立体図形を実際に作ってみることで、図形の性質を理解します。
  • 図形の分解と合成 : 図形を分解し、再度組み立てる練習を通じて、図形の構造を理解します。
  • 計算練習 :面積や体積の計算問題を多く解き、計算力を高めます。

2.5 単位の変換

  • 単位の確認 :単位の表を使って、各単位の意味を確認します。
  • 具体例の使用 :実際の物を使って、長さや重さの変換を練習します。
  • 定期的な復習 :単位の変換に関する問題を定期的に解き、定着を図ります。

 

 

.問題の解き方(解説方法)

 

 

 

3.1 九九と掛け算・割り算

  • 九九の表を見ながら、声に出して暗唱することで記憶を強化します。
  • 掛け算の具体例を使い、例えば「2×3は2が3つあること」と説明します。
  • 割り算では、割る数が何を意味するかを具体的な例で示し、理解を深めます。

3.2 分数

  • 分数の基本的な意味を、具体物を使って説明します。例えば、ケーキを4等分して1つ取ると1/4になることを示します。
  • 分数の大小比較を行う際には、分母が同じなら分子が大きい方が大きい、分母が異なる場合は共通の分母に揃えて比較する方法を教えます。

3.3 小数

  • 小数の位取り表を使い、各位の意味を確認します。例えば、0.123の1は1/10、2は1/100、3は1/1000を示すことを説明します。
  • 小数の計算では、小数点の位置を正確に揃えることの重要性を強調し、計算過程での確認方法を教えます。

3.4 図形

  • 図形の性質を理解するために、実物を使って説明します。例えば、立方体を使って各面の形や辺の数を確認します。
  • 面積や体積の計算では、公式を覚えるだけでなく、その意味を具体的な例で説明します。例えば、長方形の面積は「長さ×幅」で求められることを具体的な図を使って示します。

3.5 単位の変換

  • 単位の変換表を使い、各単位の関係を視覚的に示します。例えば、1mが100cmであることを確認します。
  • 実物を使って、長さや重さの変換を練習します。例えば、1リットルの水が1000ミリリットルであることを、実際の計量カップを使って示します。

 

 

 まとめ 

算数の学習でつまづきやすい単元は、九九と掛け算・割り算、分数、小数、図形、単位の変換など多岐にわたります。

これらの単元でのつまづきを克服するためには、基本概念の強化具体的な問題解説実生活との関連づけ多様な教材の活用が有効です。

 

保護者や教師が子どもの理解度を常に把握し、適切なサポートを行うことで、算数の苦手を克服し、学習成功へと導くことができます。

 

 


イマナビでは随時、個別の学習相談会を実施しています。

「苦手克服の勉強法を知りたい」など、あなたの悩みをお聞かせください。

→ 無料の個別相談会の予約はコチラ

※一人ずつ個別で対応させていただいていますので、【事前予約制】となっています。

お気軽にどうぞ!!


 

また、小学生の方には専門コース 【いまなびっこ】 もオススメです!

  • 英算国の進級式でぴったりの進度とレベル!
  • どんどんできてやる気と自信が身につく!
  • スパイラル学習でしっかり定着!

→→ 詳細はコチラ ←←

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

こちら各種SNSでも

情報配信中です。

参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

/

 

この記事は 18人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL