【中学3年生】1学期につまづきやすい英語のポイントと対処法

 

中学3年生の1学期は、英語学習において重要な時期です。この時期には、これまでの基礎を踏まえた上で、より高度な内容を学びます。しかし、多くの生徒がつまづきやすいポイントがいくつか存在します。ここでは、具体的なつまづきやすいポイントとその対策法を紹介します。

 

1.現在完了形の理解

つまづきポイント

現在完了形は、「過去の出来事が現在にどのように影響しているか」を表現するため、日本語には直接対応する表現がなく、多くの生徒が混乱します。特に、「経験」 「完了」 「継続」の3つの用法を区別するのが難しいと感じることが多いです。

 

Point1:「基本の理解を深める」

現在完了形の基本的な構造(have/has + 過去分詞)をしっかりと理解することが重要です。まずは構造を覚え、その後に具体的な用法に進みましょう。

 

 

 

Point2:「用法ごとに練習する」

経験、完了、継続のそれぞれの用法について、具体例をたくさん見ることが効果的です。例えば、経験については「I have been to Tokyo.」などの例文を使い、それぞれの用法に特化した練習問題を解くと良いでしょう。

 

Point3:「視覚的に理解する」

タイムラインを使って、過去から現在までの流れを視覚化すると理解が深まります。「過去の出来事が現在にどう影響しているか」をイメージしやすくするための図解やアニメーションを活用すると効果的です。

 

 

 

 

2.比較級・最上級の使い方

つまづきポイント

比較級と最上級の使い方も、中学3年生がよくつまづくポイントです。形容詞や副詞の変化形を覚えることや、「more」「most」を使った長い形容詞の比較級・最上級の扱いに苦労することが多いです。

Point1:「ルールの整理」

比較級と最上級の基本ルールを整理しましょう。短い形容詞は「-er」「-est」を付け、長い形容詞は「more」「most」を使うといったルールをしっかり覚えます。

 

 

 

Point2:「頻出単語の暗記」

よく使う形容詞とその比較級・最上級をリスト化して暗記します。頻出単語を優先的に覚えることで、実際の文章に出てきたときにスムーズに理解できるようになります。

 

Point3:「実践練習」

比較級・最上級を使った文章を自分で作る練習をします。例えば、「My car is faster than yours.」や「Mount Everest is the highest mountain in the world.」のような例文をたくさん作ってみましょう。

 

 

 

3.関係代名詞の使用

つまづきポイント

関係代名詞は、2つの文を1つにまとめる際に使われますが、この文法事項もまた多くの生徒にとって難しい部分です。特に、「who」 「which」 「that」の使い分けや、関係代名詞が主格、目的格でどのように使われるかの理解が難しいと感じることが多いです。

Point1:「基本の確認」

関係代名詞が何を指しているかを明確にするために、まず基本的な構造と用法を確認します。関係代名詞が先行詞を説明するものであることをしっかり理解しましょう。

 

 

 

Point2:「文の変換練習」

単純な2つの文を1つにまとめる練習を繰り返します。例えば、「This is the book. It is very interesting.」を「This is the book which is very interesting.」に変換する練習を行います。

 

Point3:「具体例での学習」

実際の文章や会話の中でどのように使われているかを確認します。多くの例文を通じて、関係代名詞の使い方を自然に身につけることができます。

 

 

4.受動態の理解

つまづきポイント

受動態は、動作の主語が誰かではなく、動作が行われる対象を主語にする表現方法です。この構造に馴染みがないため、多くの生徒がつまづきやすいポイントです。

Point1:「基本構造の理解」

受動態の基本構造「be動詞 + 過去分詞」をしっかりと理解します。まずは簡単な文から始め、徐々に複雑な文に挑戦していきます。

 

 

 

Point2:「能動態との変換練習」

能動態の文を受動態に変換する練習を行います。例えば、「The cat chased the mouse.」を「The mouse was chased by the cat.」に変換する練習を繰り返します。

 

Point3:「例文の暗記と実践」

受動態の例文をたくさん覚え、実際に使う練習をします。特に日常生活で使われる表現を中心に学ぶと効果的です。

 

 

+ワンポイント

中学3年生の1学期は、これまで学んだ文法事項を総復習する時期でもあります。しかし、多くの生徒がこれまでの文法を完全には理解していないため、総復習に苦労することが多いです。

 

ー 英文法の総復習 ー

・基礎の確認
まずは中1中2で学んだ基本的な文法事項を復習します。特に、動詞の活用や基本的な時制の使い方を再確認しましょう。
・問題集を活用する
総復習用の問題集を使って、繰り返し練習します。様々な問題形式に慣れることで、自信を持って問題に取り組めるようになります。
・苦手分野の重点対策
自分が特に苦手とする分野を特定し、重点的に学習します。例えば、過去形や未来形が苦手な場合、それに特化した練習問題を多く解きます。

 

 

まとめ

中学3年生の1学期に英語でつまづきやすいポイントは、現在完了形比較級・最上級関係代名詞受動態です。また、この時期に、中1・中2までに学習した英文法の総復習も必要になります。
これらのつまづきポイントを克服するためには、基本的な理解を深めること練習問題を繰り返すこと、そして実際の英語を使った練習を行うことが重要です。

英語学習は一朝一夕で成果が出るものではありませんが、コツコツと努力を続けることで確実に力がついてきます。今回紹介した対策法を参考に、自分のペースで学習を進め、中学3生の1学期を乗り越えていきましょう。

 

 

 

 


イマナビでは随時、個別の学習相談会を実施しています。

「苦手教科の克服がしたい!!」など、あなたの悩みをお聞かせください。

→ 無料の個別相談会の予約はコチラ

※一人ずつ個別で対応させていただいていますので、【事前予約制】となっています。

お気軽にどうぞ!!


 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

こちら各種SNSでも

情報配信中です。

参考にしてみてください。

< Facebook >

<    Twitter   >

< Instagram >

ーーーーーーーーーーーーーーーー

/

 

この記事は 59人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL