【定期テスト】前日からでもテストの点は10点あげられる!(金岡南中学用)

 

こんにちは!

【徹底個別】×【家庭学習指導】で成績UP!

個別学習指導イマナビです。

 

イマナビ金岡教室の対象中学の一つが「堺市立金岡南中学校」です!

そして、今日から金岡南中学では2学期期末テストの期間に入っています。

<金岡南中学>
2学期期末テスト期間:11/29(月)・11/30(火)・12/1(水)

みんな、がんばれー!!

 

先週まで、それぞれしっかりテスト勉強がんばってくれていました。1週間前には学校ワーク終わらせる!」「家庭学習ノートのこと忘れてた…。いろんな声が飛び出しましたが、それぞれがそれぞれの課題を持って取り組んでくれたと思います。

 

そして、今日が一日目。予定通りだった子。思ったよりできなかった子。早速、いろいろ感想はありますが、まだ二日あります!!気を抜かず、最後までできることをやり切りましょう!!テスト前日の勉強の仕方で、まだテストの点を10点あげることだってできます!

 

 

最後のスパート。やることはみんな違うはず!


明日の英語のテスト。目標点が90点の生徒と60点の生徒では、最後の最後取り組むところは違うはず。どの教科でもそうですが、ここまでの演習で間違った問題(やり直さないといけない問題)もそれぞれ違うはずです。それぞれの課題に合わせて、前回より伸ばさないといけないところに力を入れましょう。単語の暗記なのか、基本文法の英作なのか、教科書本文の読解なのか。

最後の最後、もう一度自分自身の課題を見直して、最後の調整に取り掛かりましょう。

 

 

やり方はコレ!


取り組むべき内容は、目標点やここまでの理解度で、それぞれ違います。が、定期テストですので、取り組むべき勉強の仕方はほぼみんな一緒です。

取り組むべきモノ「三種の神器」

・教科書&ノート

・学校ワーク&プリント

・塾のテキスト

定期テストですので基本は授業内容からの出題です。金岡南中学でも例外ではありません。つまり、授業で扱った内容以外はほぼ出題されません。定期テストの対策では、勉強の仕方としては、この三種の神器を使って進めていきます!!

 

特に前日では、「学校ワーク・プリント」が最大の武器になります。間違った問題を中心に1問ずつ見直していき、自力で解けるようにしていくだけです。自力で解ける問題が1問増える度に得点UPの可能性がぐんぐん上がっています。学校ワーク・プリントが完璧な人は塾のテキストで同じことを進めていきましょう。この際のポイント!

少しずつ進める。
(例えば1ページずつ or 見開き1ページずつ など)

今は最後の詰め作業。たくさんの範囲を進めるのではなく、少しずつ確実に上乗せしていくタイミングです。一度にたくさん解きなおして、答え合わせして、その中で間違えたものを確認していく・・・といつほどの時間はないかもしれません。1ページ単位くらいで、答え合わせして、解法も確認して確実なものにしていきましょう。それが、最後の10点UPにつながってきます!!

 

 

一応、提出課題を確認。


まさか、前日になって提出課題が終わってない・・・。なんてことはないと思いますが、最後の最後、一応確認。出題表と合わせて確認しましょう。

ちゃんと【丸付け】まで完璧に終わってますか??きちっと確認しておきましょう。

 

今年から、中学の評価方法も変わりました。金岡南中学も同様です。提出物を出せたかどうか(主体的に家庭学習を取り組めたかどうか)もしっかり評価(内申点)に含まれます。ここは時間さえかければ、誰でも取り組めるところですので確実に仕上げて成績UPにつなげましょう。なにがなんでも、期日までに提出することが最優先です!!本当はやってほしくないですが、前日のタイミングでまだ終わっていないところが見つかってしまったら、この際解答を見ながらでも構いません…。とにかくやりきることを優先しましょう。

※ 間違っても塾の先生から答えをうつすように指示されたなどと言わないでくださいね…。私は答えをうつすの反対です!!でも、提出できないよりは…。それほど、期日までに提出物を仕上げて提出するのは大事ということです。

 

 

決してあなどるなかれ実技4教科。


内申点の話になると、忘れてはいけないのが実技4教科。評価されるのは英数国理社の主要5教科だけではありません。実技4教科(副教科)もしっかり通知表に評価がつきます。しかも、英数国理社は2学期中間テストとの総合で評価されますが、実技4教科は基本1回。主要5教科+実技4教科(副教科)の合計9教科はどれも平等に同じように評価されます。

高校入試における内申点の中では9教科はどれも平等です。実技4教科も決してあなどれません。いや、むしろ入試においては学力検査でテストがない分、この内申点だけで決まってしまうと思えば、かなり重要度は高くなります。

そして、実技4教科の定期テストこそ、先生がテスト直前に配布してくれるプリントや「ここから出すよー」が効果絶大です。普段から習慣的に取り組むことが少ない実技4教科。ここもしっかりテスト前には時間をかけて取り組みたいところ。前日ギリギリで時間がない場合でも、提出課題は100%に!!

 

 

最後のチャンスはテスト当日にもある!


なんと金岡南中学では、テスト当日の1時間目は「テスト勉強」として自習になります!!11/29(月)から12/1(水)のテスト期間3日間とも1時間目は「テスト勉強」です。ここを使わない手はない!!前日までの勉強で、どうしても覚えられなかった単語、公式、年号、用語などなど。テスト直前の直前、ここの時間帯で覚えましょう!!

これをしようと思えば、前日までの学習で、自分がどれは理解していて覚えられているのか、どれはまだ覚えられていないのかが、パッと見てわかるようにしておく方がいいですね。普段からそのチェックを習慣化しておくとベストです!!

 

 

最後の最後まで1点でも多くとろうと努力してみましょう。まだできることはたくさんあります。そして、そのがんばりは結果にも反映されますし、その経験は必ず次に活きます。

 

金岡南中学のみんなー、がんばれ!!

 

 

 

こちら各種SNSでもいろんな小ネタを発信しています。
参考にしてみてください。
< Facebook >
<    Twitter   >

この記事は 1,646人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL