高校の学習で成功する!「高校生のための失敗しない学習習慣の作り方」

 

新年度に入り1ヶ月が過ぎました。高校生活、勉強で行き詰っていませんか?高校生活は、将来の夢や目標を実現するための重要な時期です。しかし、多くの生徒にとって、高校の学習内容は中学校とは比べ物にならないほど難しく、勉強に行き詰ってしまうことがあります。

 

 

テストの点数が思うように上がらない

授業内容が理解できない

授業スピードについていけない

 

 

このような悩みを抱えている高校生は少なくありません。そんな高校生の方に向けて、今回は高校の学習で失敗しないための学習習慣の作り方をお伝えします!!このコラムを読んでいただければ、

・自分にあった学習習慣を見つけられる

・効率的に学習を進められるようになる

・テストの点数を上げられる

・将来への不安を解消できる

上記のような効果が得られます。

一緒に学習で成功するための第一歩を踏み出しましょう!

 

 

1.なぜ学習習慣が重要なのか?


 

高校の学習内容は、中学時代に比べて格段に進度が速くなり、より高度な知識や理解が求められます。

さらに、大学受験や就職活動など、将来の選択肢を広げるためには、高校での学習が非常に重要になります。

 

学習習慣が身についていないと、授業内容を理解・定着できずにわからないところを積み上げてしまい、成績を下げてしまうことになります。結果、将来の目標を達成することも難しくなってしまう可能性があります。

 

 

2.学習習慣の作り方


学習習慣を身につけるためには、以下の5つのポイントを意識することが大切です!

 

ポイント1

目標を設定する

まず、自分が何を達成したいのか、具体的な目標を設定しましょう。目標が明確であれば、モチベーションを維持しやすくなります。

目標設定の際には、SMARTな目標であることを意識することが重要です。

S:Specific(具体的)

M:Measurable(測定可能)

A:Achievable(達成可能)

R:Relevant(関連性がある)

T:Time-bound(期限がある)

例えば、

・今年中に〇〇大学〇〇学部の合格判定「A」にする

・秋の模試で主要教科の偏差値を「5」ずつ上げる

・夏の間に英検リスニングの合格ラインを超える

のような目標設定を考えてみましょう。

 

ポイント2

自分に合った学習方法を見つける

 

人によって、集中できる時間帯学習方法が異なります。

自分に合った学習方法を見つけることで、効率的に学習を進めることができます。

 

 

例えば、

・朝型の人は、朝早く起きて勉強する

・夜型の人は、夜にまとめて勉強する

・集中力が続かない人は、短時間で休憩を挟む

のような取り組み方を実践してみましょう。

 

ポイント3

毎日少しずつでも学習する

 

毎日少しずつでも学習することで、学習習慣を身につけることができます。

無理のない範囲で、毎日コツコツ積み重ねて継続することが大切です。

 

 

例えば、

・毎日、数学の大問を一題解く

・毎日、英単語を5個ずつ覚える

のように自分の課題に合わせた内容で決めてみましょう。

 

ポイント4

学習環境を整える

 

集中できる学習環境を整えることで、学習効率が上がります。

自宅デスクの周りを整理しましょう。また、自宅以外で勉強する場合は、静かな場所を選び、必要な教材や筆記用具を用意しましょう。

 

 

 

ポイント5

学習仲間を見つける

 

学習仲間を見つけることで、モチベーションを維持しやすくなります。一緒に勉強したり、分からないことを教えあったりすることができます。

同じクラスの友だち、塾、SNSなどを活用するのもいいでしょう。

 

 

 

3.学習習慣を身につけるための具体的な方法


学習習慣を身につけるための具体的な方法をいくつか紹介します。

 

ポイント1

毎日の学習時間を決める

 

毎日、決まった時間に学習しましょう。朝早い時間帯が集中しやすいという人もいれば、夜の方が集中しやすいという人もいます。

自分に合った時間帯を選びましょう。

 

時間で決める → 朝6時~7時まで

タイミングで決める → 晩御飯のあとに

 

ポイント2

学習内容を計画する

 

1週間単位で学習内容を計画しましょう。

計画することで、学習内容を効率的に進めることができます。

 

 

 

ポイント3

学習したことを振り返る

 

学習したことを振り返ることで、理解度を確認することができます。

ノートを見返したり、問題を解いたりして、振り返りをしましょう。

 

 

 

振り返りは非常に重要なポイントですので、

さらに具体的な振り返りの方法をご紹介します。

ノートを見返す

授業中に取ったノートや、自分で作成したノートを見返しましょう。ノートの内容を理解しているかどうか、分からない部分がないかどうかを確認しましょう。

問題を解く

問題を解くことで、自分がどのくらい理解できているのかを確認することができます。間違えた問題は、なぜ間違えたのかを分析し、同じ間違いを繰り返さないようにしましょう。

テストを受ける

定期テストや模擬試験を受けることで、自分の実力を客観的に把握することができます。テストの結果を分析し、苦手分野を克服しましょう。

 

 

4.振り返りを習慣化する


振り返りを習慣化することで、より効果的に学習を進めることができます。以下の方法で、振り返りを習慣化しましょう。

少しの時間でも毎日継続

毎日、少しの時間でも振り返ることで、記憶が定着しやすくなります。

ポイントを絞る

分からない部分を重点的に振り返ることで、理解度を高めることができます。

記録する

振り返りの内容を記録することで、自分の学習の進捗状況を把握することができます。

 

 

5.その他のヒント


ここまでご紹介した内容以外にも、学習習慣を身につけていくうえで、ポイントになる部分があります。

自分に合った勉強法を見つける

人によって、集中できる時間帯や学習方法が異なります。自分に合った勉強法を見つけることで、効率的に学習を進めることができます。

モチベーションを維持する

目標を設定したり、学習仲間を見つけたりすることで、モチベーションを維持することができます。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足は集中力や記憶力を低下させます。睡眠をしっかりとることで、学習効果を高めることができます。

バランスの良い食事を摂る

脳の働きを活発にするためには、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

適度に運動する

運動はストレス解消や集中力向上に効果があります。適度に運動しましょう。

 

 

まとめ


高校の学習で失敗しないためには、学習習慣を身につけることが大切です。今回紹介したポイントや方法を参考に、自分に合った学習習慣を身につけて、目標を達成しましょう。特に、学習習慣を身につけるためには、学習したことを振り返ることが重要です。上記の方法を参考に、自分に合った振り返りの方法を見つけて、学習効果を高めていきましょう。

 

 

 


イマナビでは随時、個別の学習相談会を実施しています。

「高校の勉強が不安!!」という方、ぜひ個別相談会へご参加ください。

→ 無料の個別相談会の予約はコチラ

※一人ずつ個別で対応させていただいていますので、【事前予約制】となっています。

お気軽にどうぞ!!


 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

こちら各種SNSでも

情報配信中です。

参考にしてみてください。

< Facebook >

<    Twitter   >

< Instagram >

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

/

この記事は 66人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL