【塾長の独り言】学びは24時間どこにでもある

 

「学び」は教科書や問題集、授業の中からだけ得られるものではありません。

日常のいたるところにこそ、本当に学んでほしいことがたくさんあります。

 

私はみなさんに高校受験や大学受験のために学んでほしいわけではありません。その先にある社会に出てから生きていくためのチカラを身につけてもらいたいと思っています。高校受験や大学受験はそのための通過点であり、ゴールではありません。

 

だからこそ、日常の中で活きた知識を積極的に学んでほしいですし、日常の中からも学ぶアンテナを持って欲しいと思います。

 

何気ない、晩御飯のとき。

休日に、家族で買い物に出かけているとき。

 

どんな時でも学ぼうとするアンテナさえ持っていれば、学ぶべきことはたくさん転がっています。

 

食材一つでも、英語で言うと何?

買い物でも、3割引きの商品で1000円払うとおつりがいくらになる?

あの漢字なんて読むの?

 

ちょっとした疑問が次の疑問につながり、それを解決できたら、そこからまた疑問が出てくる。その繰り返しが、学びをどんどん深めてくれます。

 


 

逆に、学校や教科書、問題集で学んだことを日常生活に当てはめてみるのもいいでしょう。

 

学校で連立方程式を学んだ。買い物で、2種類のお菓子をそれぞれ何個ずつ買ったら、今持ってるお小遣いで買えるのか。

問題集で間違えた漢字を探してみる。

 

そうやって、机の絵で学んだことを日常生活に当てはめてみると、より理解が深くなり、単なる知識が使える知識に変わっていきます。

 


 

本来、学びは楽しいもの

新しいことを知れば、日常生活で新しいものが見えるようになるからです。

英語がわかると外国人と会話ができ、新しい人と出会える。

数学がわかると買い物が効率よくできるようになる。

国語がわかると新聞が読めて社会のことを知れる。

理科がわかると身の回りで起きてることが理解できるようになる。

社会がわかると世の中の仕組みを知れる。

などなど。そうやって新しいものが見えるようになると、そこでまた新しい学びがあります。そうやってどんどん見える世界が広がります。

 


 

イマナビでは将来の夢や目標、こんな大人になりたいというものを一緒に探しながら、そこを目指すためのお手伝いをしたいと思っています。まずは、知らなければ選ぶことも、目指すこともできません。高校がどんなところなのかも知らなければ、どの高校を選んだらいいのかわからないと思います。だから、まずは高校のことを知ってもらう。同様に、将来の選択肢を知らなければ選ぶことができないので、できるだけその選択肢を見せてあげたいと思っています。

 

とは言え、目の前のテスト勉強から逃げてイイわけではありません(笑)

今週から定期テストの中学が多くなっています!!

 

定期テストも、将来の大きな目標のための通過点。

しっかり目指したところまでたどり着けるように、目の前の一歩一歩も大事しましょう。

 

ということで、絶賛定期テスト対策中です。直前も直前ですが、一人で困っているという方、いつでも相談してください!!

 

 

こちら各種SNSでもいろんな小ネタを発信しています。
参考にしてみてください。
< Facebook >
<    Twitter   >

この記事は 287人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL