【受験情報】入試直前にすべきことを今のうちに確認

 

ほとんどの中学3年生にとって、「入試」は初めてのことだと思います。ある程度志望校もはっきりし、もうすぐ受験校がほぼ確定するという時期になってきています。入試本番が近づくにつれ、緊張も高まるでしょうし、日々大きな不安があると思います。これからの時期をできるだけ良好な状態で過ごし、万全の態勢で入試本番を迎えられるように、入試直前にすべきことを確認しておいてください。

 

 

1)受験校を見に行こう!!


初めての場所はどうしても緊張してしまうものです。入試本番のときに初めて受験会場へ訪れるというのでは、やはり不安で落ち着けないと思います。受験会場を事前に下見しておくことで、受験当日を少しでも落ち着いて迎えることができるでしょう。

また、自宅から受験会場までの道順も確認しておきましょう。混みやすいところ、信号待ち・踏切待ちが長くなるところなどなど。

 

▶▶受験会場を見学する際のポイント

・受験当日と同じ曜日、時間帯で行ってみる

・受験当日と同じ道順で行ってみる

・雨などの場合を考えて、複数ルート考えておく

 

 

2)入試本番までの学習計画をたてよう!


入試本番までに残された時間はあと少し。この期間であれもこれも手あたり次第する時間はありません。また、何も決まっていなければ、「あれもやりたい!これもやらなければ!あっ、あれができてない…。」とただただ不安がふくらみ、余計に勉強に集中できない状態になってしまいます。

入試直前は、最後の確認時期です!これまでの学習の総まとめを進めましょう。すでに、ここまで届いているだろうという学力を判断して、受験校が決まっています。あとは、その見込まれる実力を十分発揮できるかどうかです。新しいことに取り組むより、今までに学んだことを丁寧に確認する作業を優先すべきかと思います。

このことを意識して、自分の学習スケジュールをたてましょう。人によっては、あと少しこの教科がんばらないといけない!!といった部分もあると思います。そういった状況に合わせて、しなければいけないこと、やったほうがいいこと、できればやりたいことなどに配分して入試当日までの計画をたてておくと、あれこれ悩まずに集中して取り組むことができます。

 

▶▶入試直前の学習計画のポイント

・総まとめ中心の計画(受験校の過去問はオススメ

・must、should、wantなど取り組む内容を分類する

・余力のある計画に!!(欲張らない)

 

 

3)いつも通りの生活リズム


初めての受験となるので、緊張や不安から、入試本番に向けて徐々に勉強時間が増え、寝る時間が遅くなり夜型になっていまう生徒がいます。昼間に学校があるとどうしても、夕方以降の勉強時間が増えていまうのは仕方ないかと思います。ただ、本番の入試は普段の学校同様に午前中から実施されます。この時間帯に実力を発揮できるようにしておく必要があります。入試直前だからと言って、変則的な生活リズムにならないように、いつも通りの朝型の生活リズムを維持するようにしましょう。

 

▶▶朝型生活リズムのポイント

・朝起きる時間を一定にする

・土日の過ごし方に要注意!(だらけない!!)

・風邪、インフルエンザなどの予防も大事

 

 

とにかく、落ち着いて普段通りの実力が発揮できるかどうか。それは、日々の努力が自信となれば、おのずと達成できると思います。焦らず、大きな目標を見定めながらも、目の前のことにコツコツと取り組んでいきましょう!!

この記事は 680人 に閲覧されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL